ホームページの価格表示の修正はお済みですか?

ようやく暑さのピークは過ぎたようで、朝晩は少しひんやりしてきました。
湿度も低くなってきてやっと過ごしやすくなり、一安心です。
しかし、こうしたちょうどよい気候は短い間だけ。
急に寒くなって、あっという間に冬がやってきてしまいます。

そして、またこの週末は台風が列島にやってくるというニュース。

これ以上上陸したりしないで、おとなしく消滅してほしいです。

涼しさとともに9月が後半に入りました。
あと10日あまりで、消費税が10%にあがりますね。

キャッシュレス対応や増税前のセール、
商品の値札の付け替えなど増税対策はしっかりと
進めているかと思いますが、

見落としがちなのがホームページに記載してある商品価格などの表記です。

商品紹介ページやフォトスタジオさんならアルバム価格、
お手入れの料金表、着付け教室の料金など、
意外に価格が掲載されている場所が多いです。

全ページ、くまなく価格が掲載されているところはどこなのかを
今一度チェックしましょう。

今回の増税は軽減税率の導入などで、何が10%で何が8%のままなのか
一回では理解できない複雑さです。
お客様に誤解されることがないよう万全を期したいところですね。

また、キャッシュレス対応などを進めているお店も多いと思いますが、
ホームページのトップページ下部などに、

どんな支払い方法ができるのかを明確に記載しておくことも大切です。
ほぼ全てのお店で現金・クレジットカード・ローンの対応をしていると思いますが、
ホームページにちゃんと記載しているお店は意外に少ないように思います。
新たに、ペイペイやアマゾンペイ、メルペイ、Suica、ICOCAなどのキャッシュレス決済に
対応しているのであれば、一つひとつテキストで掲載しておくと良いと思います。

ロゴとテキストの両方を載せるのが理想的ですが、
ひとまずは、トップページに支払い方法の記載、です。

今日、月度の会議を行ったお店でも、
電話でクレジットカードは使えるかどうかを確認してきたお客様がいたそうです。
行くつもりでホームページを見たけれど、
クレジットカードが使えることを明記していなかったため電話したとのことでした。
この方は電話で確認をしてくれたので、結果として来店されたのですが、
ホームページを見たけれどカードが使えるかどうかわからなかったから
行くのをやめたという人だっていないとも限りません。

今回の消費税の分かりにくさ同様、
決済方法がわかりにくいお店へはなかなか足が向かないかもしれません。

価格表記の見直しとともに、
決済方法の提示もしておくことをお忘れなく。

関連記事

  1. コミュニケーションの面白さ、難しさ

  2. 人々を魅了する染織の裏側ー伝承展ー

  3. 新機軸はFacebookだけじゃない。Amazonが新しい通信規格「S…

  4. 着物専門店のウェブサイトのあるべき姿とは?

  5. ジーンズとGoogleの意外な関係

  6. トヨタが自動車メーカーをやめるっていう話について

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031