地域になくてはならない専門店がウェブでまず注力すべき3つのことは?

専門店のウェブ戦略

こんにちは、PR現代の下島です。
いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、
地域になくてはならない専門店がウェブで注力するべきまず3つのことについてお伝えします。

1:グーグルビジネスプロフィールの最適化を図ろう

グーグルビジネスプロフィール(旧グーグルマイビジネス)を最適化し、
電話やホームページへの誘導をスムーズにしましょう。

「商品名+地域名」で自店のグーグルビジネスプロフィールが上位3番以内に入ることが絶対条件です。

そのためには、現状を把握し、記事投稿と口コミを継続的に増やすことです。
記事投稿は毎週1回以上、口コミは100件を目標に、継続実践しましょう。

 

2:オフィシャルホームページを「見込み客発見型サイト」にしよう

理想とするお客様を集めるためには「会社案内型」のホームページではなく、
「見込み客発見型」のホームページにする必要があります。

それには次のような要素が必要になります。

① コンバージョンしやすいデザイン、導線が確保されているページ構成。
② 想定したキーワードでのGoogleやYahoo!での検索順位が高い。
③ 理想的な見込客に役立つ情報が豊富で、更新情報力がある。

④ スマートフォンへの最適化(モバイルファーストインデックス設計)。
⑤ 人間工学に基づいた設計と操作しやすいデザイン性。
⑥ 豊富な地域密着情報。グーグルマイビジネスとの連携運用。
⑦ ショップコンセプトを伝える優れたセンス・デザイン性。

 

3:LINE公式アカウントを活用して情報発信を強化しよう

専門店におけるLINE活用の1番の目的は「集客」ですが
集客以外にも「顧客との関係性強化」「お店のPR・情報提供」という目的があります。

使い方としては大きく分けて3つがあります。

① 集客

・おすすめ商品の紹介
・クーポン、来店ノベルティーの提供
・セール、バーゲン情報の提供

② 顧客との関係強化

・納品連絡
・修理や商品探しに関する相談(LINE接客含む)
・誕生日やクリスマスメッセージの配信

③ お店のPR・情報提供

・お役立ち、便利情報の配信
・イベント、フェア情報の配信
・スタッフからのご挨拶(新年、残暑見舞いなど)

今は、小売業DX時代と言われ、今後はさらに消費選別時代になると言われています。
専門店においては、まずは基本中の基本といえるこの3つだけは有効に作動するよう
最適化を図りたいものですね。

ウェブとリアルのお客さまづくりの強化、活性化は、PR現代の担当スタッフまでお気軽にご相談ください。

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇PR現代公式LINEアカウントに
ぜひご登録ください。
https://lin.ee/rV8g8NU

◇ウェブ運用のご相談・お問い合わせはこちらから
https://pr-g.jp/contact

◇オンラインサポートメニューはこちらから
https://prgendai.stores.jp/

デジタルシフトを進めていますか?

 

関連記事

  1. 9月以降が正念場の振袖Web集客

  2. 明日から10月、コロナ禍でPR現代が行なったニューノーマルへのデジタル…

  3. 子供と一緒に初めての出勤

  4. 日本のおもてなしは、必要ない!?

  5. 対応が難しい時期こそ、お客様視点で

  6. Yahoo!に続いてGoogleも検索ランキングを発表! 1位は?

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31